作り方のコツ

「ごはん、ちょっと少ないんじゃない?」ごはんは少なめ、これが手巻きずしをおいしく作るコツです。
半分に切った海苔に、左の写真のような割合でごはんをのせましょう。



お子さまには、4分の1サイズの海苔を

大人は、1枚を半分に切った“半切(2分の1サイズ)”の海苔が、手巻きずしにはちょうどいい大きさですが、小さいお子さまには、半切の海苔はちょっと大きめ。お子さまには、半切をさらに半分に切った4分の1サイズの海苔をつかうといいでしょう。ふた口ほどでパクッと食べられるので、何本でもおいしく手巻きずしを食べられます。

上の写真のようにごはんを少なめにのせます。
お好みの具材をのせます。
くるくる巻けば、できあがり!


「みんなで手巻きキャンペーン」の最初のページに戻る